鍼灸師の男性

鍼灸師になるなら専門学校へ通おう

2本の鍼

現在日本の総人口におけるお年寄りの方の割合が増えてきており医療業界における求人の需要が増えてきています。お年寄りの方の中には通院したけれどなかなか症状がよくならないといった方やずっと健康な状態を出来る限り維持していたいといった方が多くいらっしゃいます。そんなお年寄りの方にとって鍼灸師と呼ばれる職業はとても必要とされるお仕事になりますしやりがいのある仕事でしょう。鍼灸師になるには鍼灸専門学校へ通うか鍼灸学科のある4年制大学か3年制短大に通い年に一度受けられる国家資格に合格する必要があります。鍼灸師のお仕事は東洋医学の基づく治療であり鍼や灸を使って健康回復を助けたり治療を行ったりするのが目的で、身体のツボを刺激することによって人間が持つ自然治癒力を高めていきます。以前までは高齢者の方が中心に鍼灸師による施術が行われていましたが、現在では美容業界にも鍼灸師の施術が取り入れられており鍼灸師の活躍の場が増えてきています。インターネットで検索すれば専門学校をまとめて紹介してくれるようなサイトも存在します。そのようなサイトを利用すれば専門学校も探しやすいでしょう。鍼灸師と呼ばれる職業に興味を持った方は是非専門学校へ通って鍼灸師の道を目指してみてはいかがでしょうか。

鍼灸専門学校なら国家資格が取りやすい

近年、様々な働き方改革などの影響もあり、資格を持ちたいという方が増えています。様々な資格がありますが、中でも鍼灸の資格は国家資格で有り、年々鍼灸の国家資格を保有している人材の確保は鍼灸専門院のみならず美容を目的としたクリニックやスポーツ鍼灸を目的としたクリニックでも課題となっている様です。鍼灸の国家資格取得を目指すなら鍼灸専門学校に通う事をお勧めします。専門学校は、学びたいことに絞って集中して学習できることに特化しています。カリキュラムも細かく分かれており、必要不可欠なものはもちろん、自分の目指す鍼灸師のカリキュラムを効率よく学ぶことが出来ます。カリキュラムの中には実践的な事を学べる設備も整っています。資格試験の前には対策の講習を多く受ける事が出来るなど試験対策にも経験豊富な講師陣がフォローしてくれます。もしも合格できなかった場合ももう一度試験の為の講習を受けられるなど対策をしてくれます。専門学校を選択する際にはどのような鍼灸師を目指すのか明確にしておいた方が良いでしょう。決められない場合は専門学校の説明会や見学会に行ってみるのも良いでしょう。無料の資料請求も可能ですので、複数学校の資料を比較し気軽に検討してみましょう。

鍼灸専門学校に進学すればたくさんのメリットがある

鍼灸師に将来なりたいと思っている方は、鍼灸専門学校へ行って鍼灸師になるのがおすすめです。
鍼灸専門学校へ行って鍼灸師になるのは、メリットがたくさんあります。
まず、最短で3年で卒業ができて、資格取得が目指せます。大学では、4年間の学習が必要となりますが、鍼灸の専門学校なら3年で卒業が目指せるので、大学よりも学費がかからずに鍼灸師を目指すことが可能です。ですから、より安価で学校へ通いたいという方におすすめです。
次に、鍼灸専門学校なら、鍼灸院の現場で実習できるのはもちろん、鍼灸院や福祉施設などでアルバイトとして働くことができたりするので、専門学校で学びながら現場で実績を積むことが可能です。
専門的な知識を学校で学びながら、知識を活かして現場で経験を積めるので、卒業するときには即戦力として働くことができます。
また、国家試験の試験対策も充実しており、鍼灸師になるためのはり師国家試験、きゅう師国家試験の2つの国家試験対策、その他の国家試験の試験対策の授業がありますので、国家試験も怖くありません。
鍼灸専門学校なら、カリキュラムが様々あり、それぞれに応じた学び方がありますので、鍼灸師になりたいという夢がある方は、是非、鍼灸専門学校へ進学してみてください。

更新情報

ニュース一覧